神戸

c0016177_21261858.jpg

c0016177_21263452.jpg

 ANAクラウンプラザ神戸に宿泊。思っていたより大きいホテルで部屋へいくエレベーターの場所がわからなかった。一番安い料金での予約だったけれど、コーナールームみたいな部屋にアップしてもらってラッキーなのだが、妙に間延びした空間、、、。一人で泊まる部屋じゃないのは確か。
 クラウンプラザでは珍しいウエルカムフルーツ。部屋にいてもしかたがないので、町へ。新幹線が止まる新神戸と繁華街の三宮は離れていて、三宮の隣、二宮にあるお目当てのお店に歩いていってみると、なんと臨時休業。行く前に電話に出てくれなかったのはこのせいだったのか。忙しいから出ないのかと思ってた。中の明かりがついてるのだから、教えてほしかったなあ。
 そのままぶらり二宮の商店街を歩いた。静かだけど味のあるお店が並び面白い。特に二宮市場。既に日は落ちていて全ての店にはシャッターが下りていたが、それが独特の空間をさらに面白くしていた。その近くで気になったクラフトビールのお店へ。
c0016177_21423420.jpg

 寂れた商店街の中で、その今風の簡素ながらも洒落たカフェのような雰囲気のお店は、かなり目立っていた。看板を見るとクラフトビール。お店で作っているそうだ。だから店名がin the door brewing。中に入ると、カウンターは一杯なので、テーブル席についた。一人だと少し落ち着かない。注文はカウンター側のビールサーバーのところで注文してビールを受け取る。でもお会計は最後。
 まずは二宮Funk AleのMサイズを。どっしりとして香りよく、美味い。ピーナッツをポリポリやりながら、それを飲み干して次、名前を失念したが、これもお店で醸造されたビール。エールより爽やかな味わい。なんだっけな。サーバーはいくつかあって、お店のビール以外には吉備土手下麦酒という岡山のビールが繋がれていた。
 飲んだのは香りの麦というビール。これがホップの香りがとてもよくて、美味しかった。後で調べてみたら、岡山あたりでしか飲まれてない小さな蔵で、webを見るとなかなか面白そうなところで、興味がでてきた。いい発見をさせてもらって、気持ちよくお会計をしてごちそうさま。

c0016177_22123486.jpg

c0016177_22125755.jpg

 それから三宮まで歩いて居酒屋の森井本店へ。ここは一度来たことがある。この日は客はほとんどいなかった。次の日から予約がぎっしりなのに、こんな日もあるんですよ、とご主人。ビールをたっぷり堪能した後だったので、最初から金盃の純米酒をいただいた。
 注文は生ずし盛り合わせ。きずしは〆鯖のこと。鯛も〆てしまうから、面白い。鯛の旨みが酢で後味がすっと切れる。そこへきゅっと酒を流しこんでやれば、これほど美味いものはない(適当w)。お酒一合と生ずしでお腹が膨れてしまったので、お会計。お腹に余裕があればおでんも食べたかった。
c0016177_22221454.jpg

 ホテルに帰り、チェックインの時にもらったドリンクチケットを使うために36Fのバーへ。カウンターがあったみたいだけど、ソファー席に座ることに。いちおうレストランみたいなんだけど、バータイムに来たから客もあまりいなくて、のんびり無料のジントニックを。
 ドリンクチケットの場合は専用の安いものに制限されたメニューしか渡されないので、これで帰るのも悔しいと思い、通常のメニューを持ってきてもらった。確か注文したのは、オリジナルのカクテル。すでに酔っていて覚えてないが、カンパリの味がしたようなしてないような。
 夜景は奇麗でいいのだが、カウンターに座らせてほしかったなあ。自分から言わないとなのか。
c0016177_22401912.jpg

 全力でピントが後ろにいってしまってることで、いかに酔ってたかがわかる、、、。三宮の立ち飲みの酒場で購入した龍力の新酒。美味しかった。その店の角打ちタイムは終わっていたからそこでは飲めなかったけど、今度行きたい。ばあさんが一人でやってる。
c0016177_2243677.jpg

 翌朝が快晴でとてもいい見晴らしだった。
c0016177_22433841.jpg

 ホテルのブッフェ。二日酔で食欲がなかったので、とりあえず明石焼きとタコ飯だけ食べておいた。
by atsushisaito | 2016-01-03 12:25 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 新生軒@兵庫県姫路市 玉五郎 梅田第三ビル店@梅田 >>