釧路二日目

c0016177_22114036.jpg

 ANAクラウンプラザでの朝食。地方色もちゃんとあってよかった。が、米が硬め。この後、同じ朝食ブッフェが続くのかと思うとしんどくなった。

c0016177_22283190.jpg

弟子屈ラーメン@北海道川上郡弟子屈町
 特にする予定もなく、川湯で温泉にでも入るかと、釧路から北上した途中の弟子屈で食べたラーメン。札幌にも進出してるくらいに有名なラーメン屋さんだそう。午後のピークが過ぎたくらいだからか、空いていた。
 メニューを見ても、どのラーメンそれぞれ均一にパワーが入っている感じで選べなかったので、元祖の醤油ラーメンに。原点の味をストレートに表現というだけあって、とっかかりがない、普通に美味しい醤油ラーメンだった。
 ただ、札幌で食べるような表面のラードの熱さもないので、北海道感は少なかったような。魚介しぼり醤油とかにするべきだったのかな。魚介をしぼる前に、もう少しメニューをしぼって欲しいところ。

c0016177_223745100.jpg

 硫黄山で温泉卵。ガムテープを卵に巻きつけてから、卵の殻をテーブルにぶつけてがしがし割ると、剥がしたガムテープに殻がついて綺麗に剥けた。硫黄臭い。

c0016177_22392441.jpg

c0016177_22393439.jpg

c0016177_22394375.jpg

鴨とり権兵衛@釧路

 川湯から帰ってきて、さて一杯といったところなのだけど、なかなかお店を決められずにうろうろ。繁華街の栄町の少し端の方の鴨とり権兵衛に。何度か前は通ったことがあって、気にはなっていたのだけど入るの初めて。
 ビールをいただいて、まずはたんたかの刺身。カレイの中でも高級魚でもあるマツカワを釧路ではタンタカと呼ぶ。養殖、稚魚の放流が始まるまでは、幻の魚と呼ばれるほど漁獲高が低下していたそう。近年では地元の取組の成果がでて、こうして居酒屋で安価に味わえる。淡泊な口当たりだが、そこからの味わいが深い。
 そしてししゃも。せっかくの時期にいるのだから、連日ししゃもでも大丈夫。そして、はたはたの一夜干し。ブリコともにいただきながら、日本酒をくいっと。

 あとはホテルで焼酎、、、
by atsushisaito | 2015-12-23 12:26 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 釧路三日目 釧路1日目 >>