黒尊@高知県高知市

c0016177_1919265.jpg

c0016177_19191694.jpg

c0016177_19192719.jpg

 高知では鰹の塩タタキが食べられている。鰹のタタキは東京でも普通に食べられているが、タタキの本場の高知では塩。がっと火で炙った鰹に塩をふって食べる。単純な料理だが、それだけに鰹の良さが味に直結する。
 何度か東京でも食べたことがあるのだが、今いちピンと来なかったので本場でも有名店である黒尊へ。その知名度は全国区なのだが、お店は小さいカウンターに小上がりがある程度で、予約必至。運良く数日前の電話で席を確保してお店へ。
 日本酒の銘柄は美少年の一種類。お通しをつつきつつ、純米をくっと飲む。最初にどんっと刺し盛りが登場。塩鰹、鰤、鯛に鱧。さっそく鰹を口にいれてみた。高知の鰹のたたきはどこも一切れがでかい。炙られたばかりの鰹の香りが口から鼻に抜け、口の中ではその香ばしい表面と中のねっとりした赤身が一体となり、なんともいえない美味さ。確かに塩だけで十二分に美味い。
 しかし、一切れが大きくて腹にたまる。もしかしてこれ全部食べられるのか?という不安が頭によぎった。続いて鰤の炙り。こちらの上にのっているものが、あまりにも鮮やかな緑色だったので、さてはバジルペーストか、意外と奇をてらうんだな、と思って口にいれてみるとこれが初体験の味。ぬたというものだそうで、高知ではポピュラーの薬味だそう。にんにくの葉を味噌などと練り合わせるものだとか。ぬたというと、酢みそで和えた、京都でいうてっぱいのようなものを想像してしまうのだけど、これはまるで別物。脂ののった鰤にこのぬたが清涼感を与えて、驚きの旨さ。
 他の鯛や鱧も美味しかったのだが、ここで箸が止まってしまった。日本酒は2度おかわりしたが、どうにも次のものが食べられなさそう。ゆっくりとした箸を察知してくれたようで、ようやく食べ終えた頃合いをみて、いくら食べる?とお店の人。いただきます。とても美味しいいくらをチビチビやっていた。お隣はもりもり食べている。羨ましい。特に左隣の巨漢な人はノンアルコールでばくばくと食べ進めていき、ショーケースの中のものを指差し、あれもこれも食べた、、あれ食べてない、となんとも素晴らしい食欲。
 いくらを食べ終えたところで、ちょっと怖そうなマスターに、次どうする?と聞かれたが、すみません、お腹が一杯でと言ってしまった。なんともいわれない敗北感につつまれてしまったが、次の御客さんはこの後にはいれないようだったので、右隣の人と酒を飲みつつ少しお話ししてから、ご馳走様。小食だねえ、と言われてしまった。。。もっと寒くなったお魚が美味しくなるとのことで、またその頃に行きます、、、。
by atsushisaito | 2015-12-08 12:18 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< コックドール@高知県高知市 うますし@高知県高知市 >>