鯉丹後@香川県高松市

c0016177_1431778.jpg

c0016177_1433496.jpg

 高松の町をほろ酔い気分でふらふらと歩いていると、香ばしい路地にこれまた香ばしい提灯の灯り。蛾のように引き寄せられてお店の中へ。そこがラーメン屋さんということをそれほど意識していなかったなあ。カウンターに座って、まずはビール。立派なスジが皿に並べられていたので、これはおでんに使うのかなあ、これだけの量があるならさぞかし人気のメニューなんだろうと、スジを2本に玉子をお願いした。
 すると店員さんは、その皿に並んでるスジ肉をおでんの汁にさっと浸したかと思うと、すぐに引き上げて僕の目の前に。え?っと呆気にとられた。十二分に煮込まれたトロトロのものがくると思っていたので、ボイルはしてるけれど、いわゆる生的な食べ方は初めて。食べてみるとやはり固い。でもこれはこれで新鮮な体験。面白いとは思いつつ、やはり柔らかいトロトロの方が好きだなあ。
 ここで最初におつまみとして焼豚をつまみにして、最後にラーメンにそれを投入しようと目論んでいたのだが、スジ肉でけっこうお腹一杯になってしまい、焼豚作戦を断念。普通にラーメンを注文した。
 見た目まんまのあっさりとしたラーメン。アクセントはネギ油ならぬ、ニラ油っぽいやつ。多少、油で加熱して風味を出しているのか、詳しくはわからないけれど、スープを味わっているうちにだんだんとその油の風味がゆっくりと広がっていった。
by atsushisaito | 2015-10-20 12:02 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 十銭@愛媛県松山市 バー露口@愛媛県松山市 >>