みゅんへん@愛媛県松山市

c0016177_22223213.jpg

c0016177_22223942.jpg

 空港からバスに乗って町に到着。初の松山なんだけど、なにも調べずに到着したものだから昼過ぎのおやつの時間帯に、どこの店に入っていいかわからず、適当に近所のお店を調べてみるとこのビアホールが。昼から酒を飲むことは、特に好きではないのでちょっと迷ったのだが、まあ他にすることもないので中へ。
 店の中はがらんとしているのだが、レジの前辺りに何人かのお客さんが座って待っている。なにか特別なルールがあるのかと立っていたら、席へと案内された。とりあえずビール、そして名物だという唐揚げをお願いした。けっこう時間がかかる。その間に、さきほど待っていたお客さんのところに次々と袋が運ばれ、客はお会計をして帰っていく。この時間帯は近所の人がお持ち帰りで買いにくることが多いみたいだ。電話が鳴り、時間を指定しているやりとりが耳に。 
 一杯目のビールはなくなるころに唐揚げが到着した。4つ。僕のげんこつくらいの大きさで正直、びっくりした。なにも掴むものがなかったので、店員さんに箸をお願いした。え?箸を使うの?という感じで箸をくれた。この対応からすると、どうやら松山の人はこれを手掴みで食べるのだろうか。
 少し席が離れた観光客っぽい母と娘は二人前を注文していた。あんな量を食べてしまうのだろうか、と思いながら唐揚げにかぶりついた。カラっと揚がった表面に反して、中はしっとりとしていて過剰に火が入りすぎていないことがわかる。ただ肉質が胸肉のような固さで脂身が少ない。骨周りの肉などを歯でこそぎとったりして、それなりに美味しいのだけど、味付けがかなり薄い。薄いというかこれだけの大きさだと、表面に味をつけても中まで浸透するはずもなく、肉をわしわし喰らう感覚だけで、ぼそぼそした肉にどうしても脂身を欲するようになる。
 おそらく4人できて、一人一ピースで食べるのが正解なのだろう。追加のビールの力を借りてなんとか3つまで食べたのだが、最後の一つは手をつけることもできずにお会計をしてもらった。母と娘の客はお土産に持って帰っていたが、とてもホテルでこれを食べる気にもなれなかった。少量が食べられる定食みたいなのがあったので、そっちにすればよかったなあ。
by atsushisaito | 2015-10-15 12:22 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 美人亭@香川県高松市 やしま@西葛西 >>