ばりこて@高田馬場

c0016177_2149111.jpg

 中野というか東高円寺のばりこてが、高田馬場のさかえ通りの奥に2号店をオープン。なぜラーメン屋が高田馬場を目指すのかが、わりと疑問。競争が激しくなりすぎて訳が分かんない状態だと思うのだが。事実、豚骨の有名店のぼたんは徹底してるし、あちこちで行列を作るトナリでさえ、早々に店を閉めている。伝説のべんてんが幕を下ろして、純連は屋号を変えてしまった。死屍累々の屍の後で、もしかしたら今一番コンスタントに客が入ってるのが駅前の風龍だったりしてw 
 それでも三国志の蜀の後期のように、公明亡き後でも奮闘したような武将クラスなラーメン屋は馬場にはある。でもどこも割と駅から歩く。僕の中で駅近くで有名なお店っていうと鷹虎くらいしか思い浮かばない。あ、中本も駅近にできてたか。ばりこての立地も、ちょっと微妙。でもまだ近いうちに入るのかなあ、と。
 さかえ通りで、なんかご飯を食べようかなあ、とふらふらしていたら終わりまで来てしまい、そこにあったのがばりこてだった。中野の方は一度だけ行ったことがあるが、もう10年近く前でほとんど覚えてない。ちょっと偉そうだったような印象があるけど。それはともかく、中に入りラーメンを注文。店内に籠る豚骨臭いが服につきそう、、。
 博多のラーメンらしく、さくっと登場したラーメン。汁の濃厚さに心の中で唸った。どろどろ豚骨とは違う、ちゃんと博多ラーメンのさらっとしたスープながらのこの濃厚さ。素直に美味しいと思ってしまった。この臭いを放つタイプのラーメンは好き嫌いがはっきりわかれるだろうけど、僕は好き。書いてたら食べたくなってきた。
by atsushisaito | 2015-09-16 12:48 | 飯@高田馬場 | Comments(0)
<< リーベ@福島県会津若松市 ホテル・アルファ-ワン 会津若... >>