ラーメン二郎@福島県会津若松市

c0016177_11575247.jpg

 わざわざ会津に来てまで二郎を食べなくても、と思うだけど、なんだかちょっと興味があって。普段から二郎って数軒しか食べたことないので、他の店の差とかもよくわかんないけど、とにかく中へ。お昼のピークを過ぎてもほぼ満席状態の店内。 店外まで行列はできていないものの、食べてるときに店内で待ちの人が増えて行った。
 小の食券を買って、カウンターの空いている席へ。お座敷なんかもあって地方っぽい。トッピングのタイミングとか店それぞれで違うみたいなので、いつもその時までにハラハラしてしまう。で、にんにくいれますか?ときたので、予め考えていたヤサイ少なめアブラと注文。 にんにくはいれないですか?と再度聞かれて、断った。いまだかつて二郎でにんにくをいれたことがない。だいぶ味が変わって、それはそれで美味しいのだろうなあ。ちなみにアブラって別にいらないけど、なんか言ったほうが玄人っぽく見られるかと周りを気にしてのこと。誰も気にしてないけど。。。
 ヤサイ少なめでちょうどいい感じの盛りのラーメン。これ、麺を半分にしてもらえばよかったかなあ、と夕食のことを考え始めながら食べた。スープの濃度はとても濃くて、美味い。荒っぽさはなく、気持ち他の二郎より洗練された雰囲気でもある(神保町の他数軒しか食べたことないけど、、)。麺ももっとごわごわしてるかと思いきや、どちらかというと柔い感じでもあったな。
 なんとか麺は食べ終えたが、スープは全部飲めなかった。浮かぶアブラを眺めつつ、かっこつけてごめんなさいとスープが残った丼をカウンターに上げて、御馳走様。若い人の食べ物だなあ。
by atsushisaito | 2015-04-21 12:56 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 中野飲み 福ちゃん@渋谷 >>