杉むら@愛知県名古屋市

c0016177_1461593.jpg

c0016177_1463033.jpg

c0016177_1464377.jpg

c0016177_1465798.jpg

 名古屋で日本酒の品揃えがいい店と聞いて、杉むらに。小さなビルの階段を登って扉の前に立つと、スナックかなにかのような扉で中が見えない。ちょっと怖いなと思いつつ中へ。女将さんとお姉さんがカウンターにたっていた。空いてる席に座らせてもらい、壁に貼られたたくさんの日本酒メニューに目を凝らす。
 常連さんが多い感じの雰囲気の中、特別排他的でもない感じに対応してくれた(食べログだとけっこうきつい意見が)。 女将さんとお酒の相談、香りが華やかなものがいいと伝えると、埼玉の花陽日を薦めてくれたので、それをお願いした。 確かに華やかで美味しい。東京から名古屋に来て、埼玉のお酒かあと思ったことは内緒だけど。
 お通しはマテ貝。若干、砂を噛んでいたものの、マテ貝旨し。この店は貝の揃えがなかなか。お刺身に蛤、ツブ、そして名前を忘れてしまったが、地元の二枚貝の刺身をいただいた。風変わりなのは、貝の盛りともう一皿。ヒマラヤの岩塩が板状になって出てきた。その岩塩の板の上に刺身をつけて食べるという。これは珍しい。もちろん醤油で食べても問題ない。粉末状の塩と違って、むらなく塩味を刺身に馴染ませることができる。
 塩加減は、板の上におく時間で調整ができる。あまり置いておくと塩辛くなってしまうので、適度に泳がして口にいれると、まろやかで優しい塩味で貝本来の味わいを邪魔しない。蛤の刺身はいまいちピンとこなかったが、やはりツブ貝美味しいなあ、とコリコリの食感と共に楽しんだ。
 そして黒ムツ煮。これが本当に美味しく、それなりのお値段ではあったのだが、大変満足した。お酒は七本槍を飲もうと思ったのだが、品切れ。同じタイミングで隣の人が飲んでいた山間をお願いし、それと黒ムツをじっくりと堪能して、御馳走様。
 最後におかみさんが外まで送ってくれて、金柑を一つ、おみやげにくれた。
by atsushisaito | 2015-04-10 12:05 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 石松@中野 Brewdog@六本木 >>