姿@神楽坂

c0016177_15543694.jpg

c0016177_15545015.jpg

c0016177_1555482.jpg

 神楽坂はなんとなく京都な雰囲気があって、一見でふらっと入っていいものか迷ってしまう雰囲気がある。ただ場慣れしてないだけの話かもしれないが。 ここ姿も暗い路地にあるお店。昔はこの通りが一番賑わっていたというが、その名残はない。
 予約をしないでふらっと暖簾をくぐっていいものか躊躇したものの、追い返されたらしょうがない、と中へ。まだお店は開店して間もない時間だったが、やはりほぼ予約で埋まっていたのだろう。カウンターと小さな小上がりは空いていたのだが、こちらでよろしければ、とカウンターの端に案内された。
 埼玉のお酒 神亀をいただいてお通しの煮こごりをつつく。それからはひっきりなしに客がやってきて、2階へ、そしてカウンターへとそれぞれの席に着席していき、いつのまにか満席。
 注文はウニとろろ磯辺揚げ。揚げたとろろの中にウニ。もう少し鮮烈なウニの香りと味わいを期待したが、とろろがたっぷりすぎるのか、普通に磯辺揚げ。続いて食べた銀ダラの西京焼、これはとても美味しくて、しみじみ旨い旨いと思いつつ、皮まで食べた。いつまでも食べていたい味。
 敷居が高そうで、でもそうでもなくお値段も意外と手頃。大人の雰囲気でこういう店の常連になってみたいところ。また行きたい。
by atsushisaito | 2015-03-20 12:53 | 飯@新宿区 | Comments(0)
<< 8オンス@長野県松本市 とり八@長野県松本市 >>