Awoiska van der Molen 「Sequester」

c0016177_17135185.jpg

c0016177_17135687.jpg

c0016177_1714378.jpg

c0016177_17141226.jpg

c0016177_17143243.jpg

c0016177_17202989.jpg

c0016177_17144487.jpg

c0016177_17145066.jpg

c0016177_1719727.jpg

c0016177_17191422.jpg

c0016177_1715831.jpg

c0016177_17151447.jpg

c0016177_17152113.jpg

published by Fw:books , 2014,

 オランダの作家。カナリア諸島の自然を、夜明け前や直前の暗闇の中で撮影した作品。長時間露光を感じさせるフラットなコントラスト、闇の中から薄らと浮かび上がる世界がとても美しい。 どこまでも静かで孤独、撮影者の視線と、写真を見る自分の視線を重ね合わせると、作者の行為は瞑想のようなものにも感じられる。
 おそらく撮影時には、作者の目の前には闇が広がっていたのかもしれない。レンズにゆっくりと収集されたわずかな光をフィルムに溜めこみ、それを暗室で印画紙に焼き込む行為は、神聖な儀式ともいえる神々しさを、彼女の作品には感じることができる。
 黒い紙をベースにしたページと、少しクリームがかった白いページとの構成が面白い。また写真集のカバーを取りはずと、裏表紙にしっかりと仕事がされているのが渋い。 
 昨年、この本が話題になって一時期全く手に入らなかったので、手に入って嬉しい。同じFw:bookで出版されたWitho Worms — Cette Montagne, C’est Moiも、いつまでもあると思っていたらsold outになってしまった。 この素敵な本は、一家に一冊、いや一人暮らしの人の部屋にあるべきかな。孤独を感じたときにさらに孤独を感じて、悟りをひらくとか。お薦め。

http://bookofdays-shop.com/?pid=83179131
http://www.flotsambooks.com/SHOP/PH01985.html
by atsushisaito | 2015-03-07 17:52 | 写真集 | Comments(0)
<< 海賊船@中野 元祖博多だるま 博多デイトス店... >>