国古食堂@福島県会津若松市

c0016177_2127213.jpg

c0016177_212710100.jpg

 地域のお店のパンフレットに載ってたことから国古食堂という名前であることがわかったが、行ったときには名前はどこに書いてあるのかわからなかった。わりと朝早めの10時くらいに暖簾がかかっていたから、がらっと扉を開けて入ってみると、まだ準備中の雰囲気で、丁寧に扉を閉めて、またその翌朝に来てみた。
 隣のブラジルという喫茶店の看板の主張が強いので、お店の外観のイメージもなんだかそのブラジルに集約されている。この日は、おばちゃん達がのんびりと開店準備をしつつ営業していた。
 和食、中華混在の町の食堂。でも食堂っていったらラーメンでしょ、という感じがなんだかよくわからないプレッシャーな喜多方の隣の会津なので、ラーメン。お通しというべきものか、お豆腐とお漬物。ちなみに会津で食べる豆腐はなんだか美味しく感じる。水かなあ。
 ラーメンは、まあ多くを語る必要もない、どこかの町の食堂でも食べられるスープ。さすがに麺そのものは近所の製麺所で購入しているのか、中太麺で縮れが入ったもの。豆腐もそうだけど、会津地方のこの麺と縮れでなんだか8割方満足してしまって、まあこういうのもたまにはありかなあといった、一杯。
by atsushisaito | 2015-02-17 12:26 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 海賊船@中野 写真集飲み会 >>