皆川食肉店@福島県会津若松市

c0016177_2246662.jpg

c0016177_22461747.jpg

c0016177_22462671.jpg

 雪道を歩いて進むには辛そうだったので、タクシーにお店の名前を告げると、目的地と全く違う方に向かおうとするので、こっちじゃないですか?というと、ああ、そっちの方ねと進路変更。なんでも家族で何店舗か肉屋を営まれているので同じ名前がいくつかあるとか。 肉屋兼飲み屋の店はこちらだけだそう。
 皆川食肉店はその名の通り、肉屋さんのお店。店舗の裏を改造して作ったようなお店の造り、最初に道路に面していない奥の正式な店の入口から入ろうとすると、ほぼ満席。狭いお店なので人がいると奥の席への移動が困難。お店の方から入って、と言われ表通りの営業を終えてる肉屋の入口から席へ。
 コの字型のカウンターには各席に焼き台が埋め込まれている。 まずはビールをもらって落ち着いて店のメニューを眺める。焼き物に惹かれるのだが、最初は馬刺し。モモの部分で淡泊な味わい。臭みがないなんて陳腐な表現は使いたくないのだが、本当に淡泊で臭みがない。醤油でその味わいを堪能するのはいいのだけど、醤油についてくるにんにく辛子味噌が薬味としては強すぎて、なんかもったいない。
 せっかくなので焼き物も馬。目の前の鉄板でバラ肉を焼き、そこにたっぷりのキャベツ。これを焼肉のタレっぽいもので焼き上げる。量がたっぷりすぎて、次の焼き物を注文するのは断念した。 バラ肉の部位で、脂の味わいがいい感じに口に広がる。この部位はその脂のせいで生食はできないとか。
 最後に玉子焼き。これはおばあちゃんが作ってくれる。このばあちゃんがちょっと苦手だった。ツンデレ系なのかあまり余所者とは関わりたくない感じで不愛想なのが残念(地元の人には愛想がよかった)。 会津ではこのばあちゃん以外の人がとても親切な人ばかりだったので、余計になんだかなあ、、というテンションになってしまった。
 が、たまたまとそう感じてしまっただけなのかもしれないし、店の味や雰囲気はとても好きなので、次に会津に行ったときにはまた行きたい。ちなみに昼は担々麺専門店と二毛作なお店で、昼には行列ができることもあるらしい。 夜営業も満席で何人か断っていた。 
by atsushisaito | 2015-02-13 12:44 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< BERG@新宿 そば吉@日本橋 >>