食堂 なまえ@福島県喜多方市

c0016177_2141324.jpg

 喜多方あたりだと蕎麦も有名なのかなあ、と駅で聞いてみると、いろいろ定休日の日で、他の候補店も歩いていくには遠いかなあ、というところだった。なので、ラーメンに切り替えて駅から割と近くて有名なこちら、食堂 なまえに。
 小さいお店でテーブル4つ。会津や喜多方に来て思ったのは、お店の人は皆とても優しく丁寧。観光客然としてなげやりに扱われることなく、気持ちよく過ごせた。ここも、そう。 で、普通のラーメンを注文。少しそれが意外だったのか、太麺じゃなくて?と聞きなおされた。そのまま通常のラーメンをお願いしたのだが、名物としては極太の手打ち麺みたいで、他のどの客もそれを選択していた。
 ちょっと失敗したかなあ、と思いながら到着したラーメンを味わってみたが、これが一番想像通りの喜多方ラーメンな感じで、十分に美味しい。都会の濃厚さや派手さが伴った味わいとは対極なのだが、かといって控えめではない味わいで、そこに喜多方の麺の良さが美味さに拍車をかける感じ。あー、これが食べたくて喜多方まで来たのだなあ、という満足感でご馳走様。
by atsushisaito | 2015-02-07 12:41 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< Tod Papageorge ... おかやん@中野 >>