とんぺい@富山

c0016177_21322586.jpg

c0016177_21323967.jpg

c0016177_21325315.jpg

c0016177_21331734.jpg

c0016177_21332871.jpg

 富山空港に行く前に駅近くの飲み屋街で。 最初に親爺に行ったけど、満席で無理とのこと。前日も前を通りかかったけど、満席ぽかった。富山のこのあたりの飲み屋では、ここ親爺とあら川、そしてとんぺいというお店が老舗の御三家なのだとか。 親爺のすぐそばのとんぺいに向かうと席が空いてる。せっかくの富山での最後の一杯は、お魚の美味しい店で〆たかったなあ、と思いつつ中に入ったが、これはこれでいい空間。まず、酒や食べ物の値段が安い。わりと広めの店内、カウンターから右手には料理人、左手側には配膳などをする女の子達。20代前半くらいで、酒場のイメージとちょっとしたギャップを感じて、変。しかも、かわいい。
 親爺、あら川は、太田和彦的な、こことんぺいは吉田類的酒場。地元の人の割合が多いなあと感じられる。とても値段が安いからか、あとから続々と人がやってくるが、満席で入ることができずにいる。
 お通しは2品。たっぷりで暖かい肉じゃがが嬉しい(寒いから)。もう一品は忘れてしまった。寒いけどビールから初めてえびのすり身揚げ。 刺し盛りは598円と安すぎて注文しなかった。他の人の刺し盛りが運ばれてくるのを見てると、ラップがかけられているものを剥がして出されてた。 この店は火を入れるメニューの方が、いい。 すり身揚げは、揚げたて、そして中はふんわりとても美味しい。これが336円。 
 お酒を若駒に。 鰆の西京焼きをつまみつつ、焼き鳥を何本か。そして最後に煮込み小。 煮込みはかなりライトな味でなわりには、繊細さもなく自家製ならではの悪いところが出てる感じ。
 すごく旨い、というお店じゃないけれど、もし僕が富山に住んでいるのだったら、御三家の親爺やあら川よりは、断然こちら。 女の子がかわいいし。
by atsushisaito | 2015-01-20 12:31 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 和香@新井薬師 天鳳@六本木 >>