ウッチャン@新宿

c0016177_20231971.jpg

c0016177_20233264.jpg

c0016177_20234928.jpg

 思い出横丁というかしょんべん横丁にあるもつ焼き屋さん。際コーポレーションという紅虎餃子房を展開する会社が運営しているお店で、そんなところのもつ焼きなんて旨くないだろうと思っていたら、これがまた連日の大賑わい。 行ってみたいなあ、と思いつつも店員が無愛想で怖いという情報もあり、躊躇すること数年。 開店間際の時間にたまたま(あんなところをたまたま通ることなんてないのだがw)前を通ると、まだ客は数人。勇気を出して入ってみた。
 客の入りは20パーセント程度だったが、きっちりと詰めて座らせられる。人気店なので、仕方がない。その後も、客はどんどんとやってきて、すぐに店は一杯となった。 生ビールを注文。意外と店員は怖くない。まあ無愛想な感じもあるが、別にもつ焼き屋に愛想を求めにやってきたわけではない。 もつを喰らいにきたのだ。
 まずはレバー。他の客が注文の時に言われていたが、タレ塩などの味付けはお店にお任せだそう。悪くない。一本180円と高額なもつ焼き。向かいの老舗のささもとならいざ知らず、新参者がこの値段で勝負するのかあ、と驚きつつも、その串が出てきて驚いた。 タレで出てくるかと思いきや、塩。なかなかの大ぶりサイズ。口にいれるとフワフワ、そしてサクサクとした食感。まさかこんな適当な感じのお店から、このレベルんもレバ焼きが食べられるとは。 場所代を考えると、180円という値段にも納得。
 続いてハツユッケ。ハツをごま油などでユッケ感覚で味わうメニュー。これもハツそのものがいいので、美味い。ここでお酒をレモンサワーに。 グラスにシャリキン(凍らせてシャーベット状にした金宮)、そして瓶で炭酸。グラスの淵にはソルティ・ドッグよろしく塩がふられている。やるな、と思った。 このチレ、トロハツにハラミでご馳走様。 
 あまりお金を持っていなかったので携帯で金額を計算しつつの注文だったから、落ち着かなくて早々と退散。次回はもう少しいろいろ食べてみたい。
by atsushisaito | 2014-12-12 13:47 | 飯@新宿区 | Comments(0)
<< 一久 新川店@山口県宇部 味の三平@山口県宇部 >>