味の三平@山口県宇部

c0016177_19301292.jpg

 宇部ラーメンという、宇部独自のラーメンがあると聞いて行ってみた。東西に長い山口は東は醤油、西は豚骨スープだとか。豚骨といっても久留米の豚骨ラーメンに影響を受けていて、豚臭いのが特徴とのこと。 ここ三平はその宇部ラーメンでも人気のお店だそう。 11時から16時という営業時間で、観光客としては少しハードルが高いお店。
 中に入ると11時を少し過ぎた時間なのに席は7割ほど埋まっていた。ほとんど地元の人っぽい。厨房はみな女性で、数えてないけど、思い返すと5人くらいはいたんじゃないかなあ。近所の主婦っていう感じ。身構えてはいたものの、豚臭さは僅か。ぐつぐつと豚骨が寸胴からはみ出た状態で茹でられてる。 普通のラーメンを注文。
 やってきた丼からさっそくスープを飲んでみた。とろっとした感触のスープ。粘度はそこそこありつつも、豚臭さはやはり控えめ。また、タレの味わいも控えめで、純粋な豚骨スープを楽しめる。 久留米でラーメンを食べたことがないので、なんともいえないわけだが、一般に思い浮かぶ豚骨スープの麺と比較するとかなり柔らかい。細麺ではあるのだが。 この組み合わせは、なかなかに新鮮で、美味しい一杯だった。
 サービス券をいただいたのだが、さすがに集めるほどには行けないので、隣でビールを飲みながらラーメンを食べていたおばちゃんにあげようかとも思ったが、余計なことはやめておこうと、大人しくポケットにしまって店を出た。
 
by atsushisaito | 2014-12-11 12:29 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< ウッチャン@新宿 Joan Fontcubert... >>