利根屋@広島

c0016177_1855289.jpg
 
c0016177_18551985.jpg


 二件目は吉田類が来たというホルモン屋さん。広島らしい(?)のか鉄板で豪快に焼いてくれるお店。この界隈、立ちんぼのお姉さんや客引きのおばあさんが街角にいる地域で、広島のディープなセックスディストリクトといっていい地域。注文したのは小腸。もうそれほど食べられる胃袋ではなかったのだけれど。 ちなみに野菜を入れるかと聞かれるが、てっきりサービスかと思いきやしっかり200円+。たいした量の野菜ではないので、なんだか損をした気分。しかし小腸、美味い店に「臭みがない」なんて表現がそもそも失礼なのだが、それでもやはり臭みもなく脂の旨味がたっぷりで良かった。 店の親父が他の客に、「肉は熟成させると美味くなるけど、内臓は新鮮さが大事」と言っていた。
 コウネというメニューが気になった。一件目の「なわない」にもあったメニュー。隣のおっさんが注文していたのを見ると、肉。牛の肩バラの一部で、珍しい部位だとか。せっかくなので注文してみた。しかし、塩胡椒がこれでもかというくらいに強くて、味わいもくそもなく、これは失敗。隣のおっさんは野菜を+していたが、そちらが正解なのだろう。 お腹も一杯になったし、ホテルに帰還。
by atsushisaito | 2014-10-18 18:50 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< Christopher And... 海賊船@中野 >>