Irina Werning 「Back to the Future」

c0016177_16252125.jpg

c0016177_16252816.jpg

c0016177_16253534.jpg

c0016177_16254098.jpg

c0016177_16254736.jpg

c0016177_1625522.jpg

c0016177_16255875.jpg

c0016177_1626454.jpg

c0016177_16261198.jpg

c0016177_16261740.jpg

c0016177_16262250.jpg

c0016177_16263165.jpg

c0016177_16263752.jpg

c0016177_16264428.jpg

c0016177_16265013.jpg

c0016177_16265641.jpg

c0016177_1627456.jpg

c0016177_1627953.jpg

c0016177_16271628.jpg

c0016177_16272557.jpg

c0016177_16273283.jpg

c0016177_16273920.jpg

c0016177_16274519.jpg

self-published, 2014, edition of 500, first 100 signed and numbered,

 発売の情報を得て、すぐにプレオーダーしたのでナンバーが16。 写真で見た通りやさしい色の布に凝った箔押し、そして写真のコンセプトがストレートに面白い。 いやあ、これはいい写真集をプレオーダーで買えた!どこの新人の方か、とネットで調べると西武渋谷の文字。??とみると、なんと2014年の頭に西武渋谷で個展をしてるじゃない、、、、。情報に疎すぎたのだろうか。全く知らなかった。
 出遅れた感でなんだか少し落ち込んだものの、アルゼンチン出身のIrina Werningの写真はやはり面白い。 例えば、昨今FACEBOOKを見てると、中にはこういう昔の写真と同じ格好をした姿を真似た写真をたまに目にすることがあると思う。そんな誰もが思いつくことを徹底的に被写体の当時の服装や立ち位置、そして背景までにこだわり、そして褪せた色合いをも揃える。 さらにそれを32カ国に渡り被写体を見つけるために飛び回るという、ここまで誰も追いつけない領域までやってしまえば、シンプルな発想からはじまった作品が、とても強固な力を持つことになる。
 タイトルのBack to the Futureと作品の関係がいまいちしっくりこないけれど、作品を眺めていると、被写体の人達が自分の昔の愛情に溢れていたであろう過去の世界に姿形と共に思いを馳せているような、そんな幸せな気持ちが伝わってくるような素敵な作品。
 2014 Paris Photo book award のfirst photo bookにノミネート。
by atsushisaito | 2014-10-03 16:52 | 写真集 | Comments(0)
<< 酒亭久本@新潟 カリフ@新井薬師 >>