鳥増@曳舟

c0016177_1784545.jpg

c0016177_1785240.jpg

c0016177_1785724.jpg

c0016177_179513.jpg

c0016177_1791156.jpg

 近くでの用事を済ませてお店を探す。ほぼ未開拓の東京の東。 辿り着いたお店は焼き鳥のお店。これぞ日本の居酒屋といった、いい雰囲気で和む。最初はハイボール。お通しのひじきの煮物をつまみながら、メニューを眺める。初めてくる店で、このメニューから食べたいものを物色する時間がなんともいえないくらいに好きだ。
 焼き鳥屋でマストなのは鳥のレバ刺し。牛豚鳥馬、どのレバーも特徴があってそれぞれ美味いが、鳥のレバ刺しは特に好き。 そして、なんとウズラの卵の串焼きが。殻のまま。これって高円寺の大和鳥の人気メニュー。大和鳥以外に、これを出しているところは初めてみた。
 とろっとしたレバ刺しをつつきながらハイボール。すぐになくなり焼酎へ。 宮崎の焼酎 川越。こっちではあんまり見ないなあ。そしてウズラの玉子。シャクシャクとした殻の食感がなんとも。この味わい久しぶり。ウズラは一本から頼めるのだが、残念ながら他の串ものは二本縛り。一人で来ると、これがかなりしんどい。。砂肝、正肉につくね。 食べるスピードが遅いので、熱々なのが冷めてしまって、それに伴い食感も固くなっていく。おいしさ半減。
 酒はまた宮崎の焼酎 妻。 この酒造の三段仕込みとか月の中は旨い。妻はそのもう一つランクが上。それにしてもこの店、日本酒、焼酎共に品揃えが凄い。どこかいい酒屋さんがついているのだろうか。 最後に煮込み。たっぷりのブタモツの量に驚く。鳥モツじゃないんだあ。でもやはりモツ煮はこの豚のシロの部分が一番美味いかなあ。不味い店で食べると、とことん不味いけれど。
 他にも魅惑のメニューが並んでいたが、お腹一杯、、、。是非なにかこのあたりに来る理由を見つけて再訪したい。
 
by atsushisaito | 2014-08-09 12:07 | 飯@墨田区 | Comments(0)
<< 彦バル@中野 金太郎@新宿三丁目 >>