タバーン シンプソン@京都

c0016177_21331227.jpg

c0016177_21332021.jpg

c0016177_21332788.jpg

c0016177_21333555.jpg

c0016177_21334427.jpg

 太田和彦の著作で知ったお店。三条。チャレンジしようと思ってたのだけど、満席っぽくてそのまま階段を下りたことが何度か。 勇気を出して、その扉を開けて中に入ると、これまた渋い店内。カウンター内では、素敵に年齢を重ねたおじさま達が働いている。
 バー、というよりはダイニングバーといったほうがいいかもしれない。料理も充実している。 お酒はジントニック。もう十分に大人な年齢だけど、こういうところでビールじゃなくてジントニックって、なんだか大人な感じがする。お通しが、よくわからないけれど美味しい。洋風。 注文は鴨。一枚一枚、とても美味しい。
 常連さん達がのんびり憩う横で、ジントニックを啜る感じがなんだかとてもいい。 お酒のお替りをもらって、野菜スティック。セロリって美味しよなあ。天才。 若いころはこの野菜の美味しさがわからなかった。胡瓜も人参も天才だ! 
 気持ち良くなって次へ。 ゆっくりとこのお店の常連になれたらいいなあ、なんて。
by atsushisaito | 2014-07-20 12:33 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< まずい魚 青柳@高田馬場 Eamon Doyle 「i」 >>