ヤオヤ@京都

c0016177_21535675.jpg
c0016177_21540078.jpg
c0016177_21540283.jpg
c0016177_21540484.jpg
 京都は出町柳のお店で、日本酒ではかなり有名なお店だとか。そんなことは露と知らず、人との待ち合わせの合間にちょこっと寄ったつもりが、、、。居酒屋なんだけど、超高級店でメニューみて固まった。たしかに素材の良いのを揃えたり、歩留まりなんかを勘案するとどうしても価格が高くなってしまうが、しかしこれは、、、。ちょっとした割烹料理屋さん並の値段。外観、内装が普段着の居酒屋なので、そのギャップなのかなあ。
 お店の人はとてもきさくで、威圧感みたいなのは全くなし。その点はとてもいい。まず最初のおすすめの一杯は鍋島。けっこう珍しいお酒、と紹介されるが、近所のマチダヤで普通に買える、、。いや、マチダヤが異常というか、近所にあってありがとう、とあらためて思い直した。 お通しは赤だし、出汁巻き、黒枝豆、なんかの麹和えになんだっけ、、。 後で計算すると二千円くらいのこのお通し、しかしとても美味しい。酒もすすむ。
 店主のお勧めで鮎の塩焼き。天然の釣りもの。注文してからメニューをみたら二千円、、、頭からかぶりつけて本当に美味しい、ワタもほろ苦くて酒がすすむ。しかし、一匹が二千円は、、、。普段はちびりちびりと飲む酒なんだけど、ちびりちびりつまんだ肴で、先に酒がなくなってお勧めの大治郎。次の肴を選ぶのに凄く悩んで隣の人に相談したり。
 高いけれどせっかくの京都だし、夏だし、鱧を。鱧の焼き霜。鱧って不思議な素材で、そのまま食べると淡泊な味わいなのだけど、薬味につけるといろいろ味わいがでてきて美味しい。 美味しいけれど高いなあ。1時間の滞在で八千円。でも振り返ってみると、もっと他にも食べておけばよかったなあって思ったり。また京都に来たときは、もう少しじっくり腰を落ち着けて食べたい。でもまたメニューを目にして固まるのだろうけどw


by atsushisaito | 2014-07-13 12:47 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 辨慶  東山店@京都 三笠食堂@新井薬師 >>