ささもと@しょんべん横丁

c0016177_2054929.jpg

c0016177_20572535.jpg

c0016177_20542695.jpg

c0016177_2054342.jpg

 しょんべ横丁の中でもささもとは別格で、いろいろと伝説を聞いていたので、初めていった時から今でもなんだか背筋が伸びる思いで緊張する。 飲みだけで食べるのいいや、と断ってるおっさんらを横目に、随分と丸くなったんだなあとも思う。 実際には自分ではそういう厳しい場面は目撃したことはなく、でもお店のルールが一本芯を通っている感じは常にする。
 煮込み串を最初にビール。 この煮込み、そしてこの煮込みのスープこそがこの店の売りでもあるのだけれど、ラーメン界と同じく、煮込みの世界も主流はストロングな味わいであって、あっさり目のこのスープではインパクトは弱い。でも美味しい。
 焼きを5本ほど適当に焼いてもらい、その後、刺しに。レバ。厚生労働省がどういおうが豚レバ刺しは昔からのもつ焼き屋での伝統であって、どうしてネクタイを締めた異文化を認めない人種に規制されなければいけないのだろうか。 レバ刺しより、冬場の餅の方が多くの人を殺害している。
 そしてはらみ刺し。これは牛。牛に関しては、焼きをいれた方が圧倒的に美味い。 刺しはその美味さが沈黙していて、刺しの食感を味わうだけのものになってしまっている。 チレも刺しで。塩。旨し。
 最後にサービスのスープで〆。

c0016177_21112574.jpg

 〆とか言いながら、かめやで冷やしたぬき蕎麦。でも汁系の方がよかったかなあ。 ちなみにしょんべん横丁は店を選ばないと外れが多いので注意。呼び込みするところは100パーセント外したほうが無難。
by atsushisaito | 2014-06-29 12:50 | 飯@新宿区 | Comments(0)
<< 石松@中野 おかやん@中野 >>