高知

c0016177_074891.jpg

 ちょっと高知県に行ってきた。 羽田のラウンジでビール。
c0016177_082127.jpg

 大阪に毛が生えた程度の距離だから、すぐに着いた。市街地にもわりと近い。
c0016177_09624.jpg

 さっそく名物の芋てんを屋台で。 旨い。
c0016177_094694.jpg
 
c0016177_095493.jpg

c0016177_010123.jpg

c0016177_010796.jpg

c0016177_010146.jpg

 地方に行くときに、手っ取り早く美味しい店を探すのは太田和彦さんに頼る。 彼が紹介してる店に行くのが間違いない。もちろん、それ以上旨い店もあるだろうし、紹介されてる店が標準より下の場合はある。でも大きくは外さない。数日の滞在の観光客にとっては、その紹介がありがたいのだ。地元の人にとってはそれが面白くないこともあるようだけど。
 高知で最初に行ったのは葉牡丹。二階席もあるくらいの割と大きな店だけど、カウンターには飲兵衛が思い思いの肴をつまみながら酒を飲んでいる。 意外にも地元の人の比率が高い。そして高齢。 最初の注文は鰹の塩たたき。 どうしても鰹が食べたかった。 そしてこの塩で食べる鰹に興味があった。本場の鰹はなにか新しい世界を見せてくれるのかと、わくわくしながら口に運んでみた。 しかし、予想を大きく裏切るほどのものではなくて、少々がっかり。 いや、美味しい。美味しいけれど、現地ならではの旨さかというと、そうではない。 ただ、厚切りの様子はあまり東京ではないかなあ、と。
 続いて、魚。沖ウルメとメヒカリを焼いてもらった。あ、もちろんここでは酒は日本酒。地元のお酒の酔鯨。合わないわけがない。最後に豆腐でまったり。
 
 後日行った居酒屋さんに言わせれば、全然ダメな店だそうだけど、まあ昼からやってる店で全ての飲兵衛を満足させるに足りるお店だとは思う。 一定のクオリティーを求めてしまうとしんどいけど。値段がそんなに高くないから、そこまで目くじら立てる必要ないかなあ、と思う。

c0016177_0242656.jpg

c0016177_0251086.jpg

 続いて土佐酒バル。 その名の通り、土佐のお酒がいろいろ揃っているお店。 量を少な目で値段も安く抑えているので、いろんな高知のお酒を飲むにはいいお店。 お店探しのときには、現地で食ブログを書いてる方に質問することにしている。 でも、こういうのって煩わしいと思われる方もいるので、極力控えめに、そしてお勧めされた店には出来るだけ行くことを心がげている。 この土佐酒バルもその一軒。
 僕はそれほど日本酒に詳しくないのだけれど、お店の人に聞くと、丁寧に教えてくれる。地方に行ったときの、そういう小さなコミュニケーションが嬉しい。


 
by atsushisaito | 2014-06-06 00:06 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 十兵衛うどん@高知県室戸市 家宴@新井薬師 >>