青雲@中野

c0016177_23132330.jpg

 随分と久しぶりに青雲でラーメン。前回食べたのは確か北海道風の味噌ラーメンだったと思う。もしかしたら醤油ラーメンもあるかもしれない。 気分は北海道の醤油ラーメンだった。しかし、店の前まできて看板を見てみると味噌ラーメンと辛い味噌ラーメン、それにタンメンしかなかった。どうも味噌ラーメンの気分ではなかったので、タンメンだな、と中へ。
 若い兄ちゃんがやってるお店。席について、メニューの前で少し迷ったふりをした後にタンメンください、と告げた。炎を上げて野菜が炒められる様子が肌で感じられる。少しばかり厨房とカウンターを隔てている敷居が高い。ピピピっと茹で上がりを知らせるタイマーが鳴り、麺があげられタンメンが登場した。
 野菜たっぷり。そう、僕にはたっぷりすぎるそのボリュームが、少し仇となってこの店に足を運ぶ機会を減らしているのだ。しかし、麺少なめはともかく、野菜少なめなんて言うのはいささか格好が悪い気もするし、がっつりといただく。 炎に煽られ乳化したスープは旨味がたっぷり。タンメンといいつつも具にタコが入っているので、チャンポンの趣も含んでいる、具は豚肉、タコ、キャベツにもやし、そしてニラ。それらの具材と混然となったスープ、麺は少し太め。いや、十分に太麺なのだけれど、最近はもっと太いのもあるのでなんだか基準がおかしくなってるのだろうか。
 昼は大盛り無料だったり、ライス無料とやはりがっつり系の客層に人気みたいで、次の機会はそんなに近くはないかもしれないが、今度は夏の冷やしが出るころにまた行こうかなあ、となんとなく。
by atsushisaito | 2014-02-22 23:14 | 飯@中野 | Comments(0)
<< みよし@京都三条 Cristina De Mid... >>