はやし家@大久保

c0016177_1231089.jpg

 あの有名店のはやし家が2月いっぱいでその歴史を閉じてしまうと聞いて、行ってみた。遡って調べてみると2006年の春あたりに2度行ってる(こういう時ブログって便利)。食べたのはつけ麺で、2度行って、2度ともこれが噂のつけめんか?と首を傾げている。なので、それ以降食べてみようという気も起きなかった。
 注文はラーメン。麺少なめメンマ。麺少なめを選択するとメンマか玉子を選べるという嬉しい選択肢。少なめといっても他店の大盛りの量だけど。2006年の頃は麺を少なくするという考えも全く浮かばないくらい普通に若い胃袋だったのだなあ、と振り返ってみたり。
 汁を啜ってみて、ああ、こんな味だったのかあとしみじみ。 魚介の旨味溢れる、でもやり過ぎでないところがちょうどよくて、いつまでも啜っていたい至福の時。
 もしかしたらつけ麺も、今食べると美味しく感じられるのだろうか。あと一度くらいは行けるかなあ。
by atsushisaito | 2014-02-15 12:49 | 飯@新宿区 | Comments(0)
<< 喫茶やすらぎ亭@島根県出雲市 ... いつもの >>