Mateusz Sarello 「SWELL」

c0016177_1274191.jpg

c0016177_1274787.jpg

c0016177_1275335.jpg

c0016177_1275969.jpg

c0016177_128572.jpg

c0016177_1281528.jpg

c0016177_1282143.jpg

c0016177_1282759.jpg

c0016177_1283364.jpg

c0016177_1283883.jpg

c0016177_1284412.jpg

c0016177_1285292.jpg

c0016177_1285933.jpg

c0016177_129597.jpg

c0016177_1291315.jpg

c0016177_1291975.jpg

c0016177_1292628.jpg

c0016177_1293280.jpg

c0016177_129411.jpg

c0016177_1295221.jpg

c0016177_1210092.jpg

c0016177_1210685.jpg

c0016177_12101294.jpg

published by Instytut Kultury Wizualnej,2013, edition of 350,of which 300 numbered,
 
 1978年、ポーランド ワルシャワ生まれの写真家。本を開くと、中央でざっくりと割れたようなデザイン。左のパートをは過去の記憶を感傷的に振り返るようなカラー、右のパートは感情を吐き出すかのように、重く暗いバルト海の波に、道歩く人にストロボを浴びせたりとネガティブの裏返しで爆発したようなモノクロ。
 カラーパートで、彼女らしき人の顔がパンチでくり抜かれていることでわかるように、これは失恋の物語。失った過去と現在の孤独を、素晴らしいブックデザインと共に一つの完成した作品として昇華している。この未練たらたらな感じが、いかにも男性的な作品だなあ、という印象。
 Ania Naleckaというデザイナーのクレジット、どこかで見たことがあるなあと調べたら、同じくポーランドの作家 Rafal MirachのIn The Car With Rなどのデザインをしている人。Sputnik Photosの作家の作品は、だいたいこの人が手掛けているみたい。 これから注目してみようと思う。

 


 
by atsushisaito | 2014-01-28 12:42 | 写真集 | Comments(0)
<< 清六家@沼袋 石松@中野 >>