アイリスラーメン@新井薬師

c0016177_21435750.jpg

 麺を食べたくて、でも汁ありの普通のラーメンの気分ではなくて、でも新井薬師でランチタイムが過ぎた時間帯では選択肢がなくて、そういうわけで駅前食堂の跡にできたアイリスラーメンで坦々つけ麺。サービスで大盛り。
 麺が食べたい欲求が満たされるくらいには麺が美味しくて満足なんだけど、汁のパンチがなくて、これって普通にラーメンを食べるのとどれくらいの違いがあるの?っていうくらい。また、麺も大盛りにしていなければ危ういくらいに少なかったのかも。 そう、つけ麺を食べたい人の気持ちをわかっていないんだなあ。
 必ずしもつけ麺の汁だからといって、パンチが必要ではないのかもしれない。でも最低限のつけ麺として存在を主張する強さは必要だと思う。確かに、昨今の濃ければいいんでしょ的な濃厚一択に辟易している層は多くいる。そしてこういういままであった坦々麺のようなオーソドックスへの回帰を求める声の大きさにも同意する。 でもやはり、それだけじゃ物足りないというか、これはつけ麺である必要はないなあという感想だった。
 
 
by atsushisaito | 2014-01-01 21:55 | 飯@新井薬師 | Comments(0)
<< ほおずき@中野 年越し蕎麦 >>