酒亭ばんから@京都先斗町

c0016177_17253121.jpg

c0016177_17254252.jpg

c0016177_1725521.jpg

 せっかくの京都の夜。 学生の頃はひたすら意味もなく木屋町の三条四条間をうろついて夜を明かすような感じだったので、お店に行ったとしてもバーかクラブばかりで、ちゃんとした居酒屋で飲んだことがない。 なので、せっかく大人になったのだから、普通のお店で飲もうと、先斗町を歩いてみても、なかなか一人でふらっと入れそうなところを見つけることができなかった。 歩き疲れた頃、一本路地に入ったところにあったお店がよさそうだったので中へ。
 日本酒に合う料理屋さんという感じで、日本酒のラインナップが充実している。 せっかくだから京都のお酒 蒼空を。 雰囲気はいい感じ。 それでも僕にはちょっと敷居が高い感じだけれど、金銭的にもなんとか範囲内。 お通しをつつきながらメニューとにらめっこ。
 あまり量を食べられないので、選択は大事。 で、選んだのがアナゴと水なすの天ぷら。 アナゴが肉厚。水なすも旨い。 この店の前にもう一軒行ってるので、酒も食もすでにしんどいのだけど、鱧の落としを。 いままで鱧の落としって、親がスーパーで買ってきたようなものしか食べたことがなくて、あれって独特の臭みがあり、それは鱧特有の香りだと思っていたのだけど、いい鱧ってその臭みがないのか、と驚きつつ、変な話ではあるが臭いのなさに物足りなさも感じたり。
 これで御馳走さま。 一軒目からゆっくり行きたいお店。 お金があればの話だが。 
by atsushisaito | 2013-09-05 17:39 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 牛腸茂雄 Shigeo Goc... トナリ@高田馬場 >>