味川@宮崎

c0016177_21291421.jpg

c0016177_21302783.jpg

c0016177_21275689.jpg

c0016177_2127653.jpg

 宮崎につき、ホテルにチェックインして向かったお店。飛行機の中で機内食なんか食べなければよかった、といまさらながらに後悔してる。 しょんべん横町以上にディープな路地にある、小さなお店。 ガラっと扉をあけると、よそもんが来たって感じの空気の張りつめを感じる。 こちらもそれなりに飲み歩いてきてるのだから、そんなことではめげないぞ、と強気でカウンターに座るが、やはり小心者なのでメニューのない店内をきょろきょろと見回す。 ビールがないわけないだろうから、ビールをお願いするとキュウリがお通しででてきた。 宮崎の定番のお通しはキュウリだそう。
 ポリポリとキュウリを齧りながらショーケース内の串とにらめっこ。 これはレバーで、これはズリで、、、、と。 おばちゃんにレバ、ハツ、ズリに生肉を注文。 一仕事終えた感で、ふーっと安心しているとさくっとレバーが登場。 串を持つところがないほどに刺されたレバー。 その様にとまどっていると、おばちゃんが、うちは冷凍もの使ってないから軽く炙っただけだけど、よく焼きたいなら言ってね、と。 レバーは軽く炙っただけ。 いやいや、いいなあ、こういうのっと食べ始める。 とろっと旨い。 まあ、正直なところ焼きなら、もう少し火が入っていたほうが美味しいのかなあとも思う。 そしてハツにズリ。 こちらはしっかりと火が入っている。 しかし、一本の量が多い。ここで飛行機内での飲食を悔やむ。 追い打ちをかけるように焼鳥。 こちらは珍しく間に玉ねぎが入っている。 地鳥らしく、しっかりとした噛みごたえ、そしてタレが旨い。 旨いのだけど、お腹一杯すぎて全然食が進まない。
 残念すぎる自分にがっかりして、ここで撤退を決める。 せめてビールだけでも全部飲もう、と瓶を空けているとテーブルのお客さんが、おばちゃんに兄ちゃんビール空いてるよ、と気遣ってくれる。 すいません、もう食べられないし、飲めません、と心の中で呟きお会計。

 次回、宮崎に来たときにはお腹空かせて来ます。。。
by atsushisaito | 2013-08-21 12:25 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 蔵之介@高田馬場 港あおしま@宮崎 >>