がむしゃら@沼袋

c0016177_1834344.jpg

 博多豚骨が食べたくて、沼袋のごたるへ行くとすでに準備中。 沼袋にはもう一軒、中野の長浜食堂の支店もあるのでどうしようか考えた。 豚野郎に行くには少し距離がある。 そういえば最近、無鉄砲いってないなあと思いだし、新青梅街道方面へ。 しかし、あのラーメンに耐えられるかどうか微妙な体調だった。 着いてみるとなんだか様子が少し違う。 
 いつもは深夜に営業している「がむしゃら」の形態。 その日の一週間前後は、無鉄砲のスタッフが研修のためとやらで、昼間も「がむしゃら」で営業しているとのこと。 普段は日付が変わる頃に暖簾が代わり、味も変わる二毛作の形態。 昼夜は、どろどろ濃厚すぎる豚骨スープが、深夜にはさらっとした豚骨スープの店に代わる。
 これはちょうどいい、とノーマルな食券を購入して、席へ。 あとで少し後悔したのだが、購入した白の他に黒や赤なんてものもあった。 昼間に食べられる機会なんて、そうそうないからもう少し考えればよかった。
 ラーメンはいつもの無鉄砲のスープのような口当たりとは違って、わりとさらっとした感じ。 魚スープと割合を配合できる無鉄砲のスープと比べると単調といえば単調なのかもしれないけれど、しかし豚骨を求める僕の舌には真っ直ぐ突き刺さるストレートな豚骨スープで、美味しかった。 無鉄砲らしさのドロドロではない、さらっとしながらも濃厚な味わい。

 後ろの方の人が替え玉は黒で、と注文してた。 そうか。ノーマルの白を食べつつ、替え玉で黒のマー油がついた黒を頼めば二度美味しかったのか、、、、もう普通に替え玉した後だったよ、、。 ホールの人が厨房の人に出来るかどうかを確認してたので、通常の注文の仕方じゃないかもしれないけど。
 
by atsushisaito | 2013-05-20 18:20 | 飯@沼袋 | Comments(0)
<< 福岡 空港食堂@那覇空港 >>