原芳市 Yoshiichi Hara 「常世の虫」

c0016177_13551483.jpg

c0016177_13552667.jpg

c0016177_1355336.jpg

c0016177_13553922.jpg

c0016177_13554685.jpg

c0016177_13555137.jpg

c0016177_13555768.jpg

c0016177_1356251.jpg

c0016177_1356893.jpg

c0016177_1356156.jpg

c0016177_13562230.jpg

c0016177_13562914.jpg

c0016177_13563554.jpg

Published by Sokyusha, 2013, edition of 600

 あとがきから。「人は、死んで虫に化身するという伝説を聞きます。本当なのかもしれません。『常世の虫』を得たことで、ぼくは、とても、自由な気分を味わっているのです」
from afterword, Religions tell us something about eternal life after our death. some believe we are to be re-born in the insects' world. I wonder if this is true for me.
Whatever it is I admit to feel totally free and relieved, after I could give this historically tough theme my own answer in this book.

 表紙に型押しされたアゲハチョウ、これがこの写真集の全てを物語っているように思える。 もしこれがなかったとしてもそれはもちろん一連の写真は作品として成立している。 しかしこの型押しが始めに据え置かれることによって、写真集は一層の高みへと達っすることになったといえる。 それほど、このアゲハチョウは作品全体を通して通底する大事な要素なのだ。
 人は死んで虫へと生まれ変わる、そんな観念を基本に構成された作品は、現世の人間の営みと、死後の生まれ変わりとして象徴される虫の写真で組まれている。 原が写す人間世界の現世は、すでにあちら側に片足を突っ込んでいるような雰囲気を持つ。生まれたばかりの赤ん坊を抱える母の写真ですら、これからの虫への転生のための準備の始まりのような、必ず待ち受ける死を連想させられる。
 遠くで蝶を虫網で追いかける少年、下腹部に蝶の入れ墨をいれる少女の写真、逃れられない輪廻転生、写真集が作り上げる世界観の密度は、思わず唾を飲みこんでしまうほどの迫力がある。 

 2013年のベストの一冊。

Embossed a swallowtail the cover explained the whole story of this photo book. Even if the embossed design isn’t there,it still coming to fruition. But the embossed design raised to a very high level this book. It is really important factor that the swallowtail in these works.
the photo book based on ideology that called Rinne Tenshou. people transmigrate into an insect. The photo book is composed photos of live of people and insect represent as metempsychosis of people. the photos of human live looks seem to be between this world and the other world. For example the photo of the mother holding her baby makes associate with death that we never can avoid.
the boy who praying catching a butterfly, the girl tattoo of butterfly her lower abdomen,
the density of the view of the world by his let take my breath away.
the best of photo book of 2013.

 
by atsushisaito | 2013-03-31 14:11 | 写真集 | Comments(0)
<< せたが屋@品川 三四郎@江古田 >>