漢珍亭@荻窪

c0016177_16352390.jpg

c0016177_16352983.jpg

 最近ずっと漢珍亭のあの焼飯が食べたい、と悶々としていたのだけど、そんなところに漢珍亭4月一杯で閉店の報せが。 驚いてお店に行ってしまった。 せっかくだからということで焼飯にラーメン玉子という欲張った注文。 まずは焼飯。もう焼飯のお手本のような味で旨い。そういえばこんな味だったなあ、としみじみ。そしてラーメン。ああ、これはあんまり美味しくない。 美味しくないけど不味くはない。昔ながらのという言葉がフィットする味。 昨今のラーメンと比べると、奥行のかけらもないんだけど、こういうのでいいんです。たまには。 後に丸福が伝説にまで高めた玉子も、この店が始祖だとか。 これも別に美味しくないんだけど、店そのものがなくなってしまうことを思うと、切なくなった。
by atsushisaito | 2013-03-25 12:34 | 飯@荻窪 | Comments(0)
<< Mark Power 「MASS」 海賊船@中野 >>