ラーメン

c0016177_21391145.jpg

 タンポポ@金閣寺。 学生の頃はわりと京都に近いところで一人暮らしをしていたので、京都には頻繁に遊びに行ってたのだけど、食べるラーメンといえば三条木屋町の臭い豚骨ラーメンの「みよし」ばかりで、今考えると全然他のラーメンを食べていない。 たまに違うラーメン屋といえば、新京極のこれまた「みよし」。 というわけで京都のラーメンというと長浜ラーメンが浮かんできてしまう。 と、いうのも第一旭や横綱ラーメンとかって身近にありすぎて、いわゆる京都のラーメンというものを意識しないで食べていた。 でもそんな中で、雑誌の特集で登場するこの店には憧れがあった。 しかし、学生の機動力など知れていて、かつ神社仏閣に興味がないとくると、わざわざここまで来てラーメンを食べに来る必然性も薄かった。

 というわけで、バスを降りて金閣寺へと向かう人々とは反対の方角へ歩きだしてタンポポ。ほぼ満席で座敷のテーブルが空いていたので、そこに案内された。当然相席なのだろうと思っていたらそうではなく、一人でテーブルを独占してしまって大変恐縮の中、ラーメンが登場。 濃厚そうな色合いのスープの上にたっぷりの一味。スープを啜ると舌に染み入るような旨み。 これを食べにきたのだ、と実感した。 言ってみれば豚骨しょうゆのラーメンなのだけど、この塩梅、なかなか関東にはないんじゃないかなあ(大阪王将がやってる「よってこや」とかこういう系統かな)。 とにかくシンプルな味わいの中に、辛味がピリッときて美味しかった。 身近にないからこその、旨さでもあるのだけど。

c0016177_21391967.jpg

 新福菜館@本店。 隣が第一旭の本店という凄い立地なんだな、、、。昼に行くと、第一旭は夜からの営業でなんか住み分けができている。昼もやれば儲かると思うのだけど。 ここのラーメンも食べるのは初めて。 以前、ここで修業したのだろうか、東京の高田馬場の末廣ラーメン本舗という店で色黒いラーメンと焼き飯を食べたことがある。 その時はあまりいい印象ではなかった。それは味に対する経験のなさと、また食べる場所が大きく影響したのだと思う。 北海道のラードが油膜を張ったラーメンは北海道で食べれば旨い、というように京都のこの醤油が効いたブラックなラーメンは、やはり京都で食べなければいけなかったのだ。
 そんな屁理屈で自分を納得させながら、本店でラーメン。テーブルで相席だったのだけど、強引に席を詰めることなく、千鳥で座らせてくれるので、隣と正面は空いているので相席も気にならない。 この感覚ってやはり京都ならではなのだろうか。 
 ラーメンは本当にブラックな汁で、醤油タレが突出しているのだけど、攻めてこない。醤油の角を汁の旨みで丸め込めている。 耐えうる塩辛さの限界を熟知している味だ。その汁に染まる麺を啜り、汁を啜り、それを繰り返していると丼が空いた。
 焼飯も食べればよかったかなあ。しかし、少な目と頼んで同じ値段っていうのも癪だし。それはまた今度。
by atsushisaito | 2013-03-03 12:37 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 酒場あさひ@本町 Alec Soth and B... >>