三四郎@江古田

c0016177_1725774.jpg

 江古田のいちやの跡地にできた新しいラーメン屋。 店の外には煮干しが強い中華そばなので、煮干しが苦手の人はご遠慮ください、と。 店内は落ち着いた内装でカウンターのみ、席数は少ない。 普通の中華そばを注文、麺が細めなのでわりと早くやってきた。 器が小さいなあ。 お洒落なんだけど、あんまり嬉しくはない。
 店内に本日の煮干し度が書かれていて、この日は五段階中の1.5。 それほど濃厚ではないということかなあ、と汁を啜ると、煮干しの臭いと苦みにガツンとやられた。 想定外の味だった。 出汁の取り方ってよく知らないのだけど、煮干しを焼いてから出汁をとってるような香り。 かなりの量を使っているのだろうけど、その香りと苦みのわりには旨みが引っ込んでいるように感じた。 それでも飲みすすめていくとその味に慣れてきて、汁を最後まで飲んでしまうくらい(丼が小さいので量がそもそも少ない)には美味しくいただけたのだが、やはり最初のインパクトが強すぎて素直に美味しかった、とは言えない感じ、、、、。 
 その日によって味がだいぶ変わるみたいなので、ちょこちょこ食べてみたいとは思うのだけど。
by atsushisaito | 2013-02-12 17:15 | 飯@江古田 | Comments(0)
<< わなか@難波 正宗屋 相合橋@なんば >>