釧路の夜

c0016177_19162514.jpg

 ザンギ発祥のお店「鳥松」からスタート。前回は骨なしにしたので、今回は骨ありのザンギ。 初めて食べた時は、普通の唐揚げの味付けを想定していたので、あまりの味付けの薄さにびっくりしてしまったのだけど、今回はそれを踏まえて食べたので、鳥松本来の味を堪能できた。 やはり味付けそのものは薄いのだけど、そのまま食べても美味しく食べられる程度には味はついている。 ただ、これは骨なし、骨ありの部位で差があるかもしれない。 骨なしだと肉質そのものまでが淡泊になるような。 ここはさくっとビール一杯。

c0016177_19164166.jpg

 続いてずらりと赤提灯の小さなお店が立ち並ぶ「赤ちょうちん横丁」。 ここは50年以上歴史があるのだとか。一見にはかなり入り辛い雰囲気ではあるが、勇気を出して「花」というお店へ。女性が一人でやっているお店。お通しは3品。 日本酒を飲みながら、このあたりの界隈のことを教えてもらったり。 こちらが退屈しないよう、常連さんとの話をふってもらったりで楽しく過ごせた。 結局食べ物は注文しなかったのだけど、常連さんのお裾わけをなんだかんだいただいて、大変恐縮しながらも美味しくいただいた。

c0016177_19164961.jpg

 その常連さんにお薦めしてもらった居酒屋「ちゃりんこ」。 地元の人で盛況な繁盛店。 なんだけど、座ったカウンター席の位置が悪かった。 右は片付けた皿を厨房に渡す場所、左は料理を受け取って配膳する場所、どたばたどたばたしていて、いるだけでしんどい場所だったので、早々に退散。 基本、お座敷がメインなお店。 ウニだけ食べた。

c0016177_19165784.jpg

 たまには〆にラーメン。 河むら。銀水出身の人がやってるお店だとか。 釧路ラーメンらしく加水率が高い細麺にあっさりしながらも魚が効いたスープ。 この麺の食感がここちいい。ぼけぼけしてるすぐに伸びるけど。

 〆といいながら、この後、酒屋で地元の酒 福司を購入してホテルで飲んだ。 
by atsushisaito | 2013-01-17 12:17 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 写真展「PHOTOGRAPHY」 インデアンカレー@釧路 >>