なぎ食堂@渋谷

c0016177_222497.jpg

 ヴィーガンの食堂だそう。 ヴィーガンとは卵とか乳製品、そして蜂蜜すらも食べないという人達を指すのだとか。 敷居が高そうな感じだけど全くそんなことはなく、若い人たちで賑わっていた。メニューをみるとどれもこれも旨そうなのだが、お一人様プレートといういろんな物が食べられるセットがあり、それをお願いした。ビールを飲むのでセットのご飯を遠慮したら、替りに小鉢を出してくれた。 確かにどれも野菜。でも揚げたりスパイスを使ったりで食べ飽きない。 ビールもお替り。やさしい味という表現はあまり好きじゃないのだけど、どの料理もやさしい味加減。過剰に塩や旨みを足していないので、素材の味や香りが引き立つ。 香りに関してはスパイス(たとえばクミン)を使っているものには、素材の香りが、というのは当てはまらないけど。 一口目は正直物足りなさを感じる。食べ進めていくうちに味覚が補正されてくると、それを美味しく感じるようになる。
 もっと勉強しなさいよ、という雰囲気ではなく、それぞれが思い思いに楽しんでいるところがいい。なにより僕みたいな酔っ払いが飲んでても違和感がないというのが。
by atsushisaito | 2012-09-14 12:49 | 飯@渋谷区 | Comments(0)
<< Somewhere to di... ねぎらーめん せりか@中井 >>