Vivian Sassen 「Die Son Sien Alles」

c0016177_1029320.jpg

c0016177_10291490.jpg

c0016177_10292046.jpg

c0016177_10292843.jpg

c0016177_10294196.jpg

c0016177_10294943.jpg

c0016177_10295891.jpg

c0016177_1030631.jpg

c0016177_10301390.jpg

c0016177_10302054.jpg

 2011年のパリフォトのカバーに起用されたり、ファッションの仕事ではICP infinity awardを受賞したりで大活躍のVivian Sassen。 オランダ人で白人ながら、幼少期をアフリカで過ごしたため、作品にもその影響が色濃く残っている。とにかく色彩が斬新。
 そんなSassenが400部限定でスウェーデンの出版社 Librarymanから写真集を出すと聞いてから、是非とも手にしたかった本。飛ぶ鳥を落とす勢いのSassenが400部という少部数だから、周囲の期待は高まるのは当然で、発売が発表されてから各国に本が配布されるのを待たずに、出版社のHPではSold outになってしまった。 本屋さんでの販売とは時間差があるので、日本ではまだまだこれから買えるが、少なくても5月が終わるころにはもう店頭に並ぶことはないだろう。 
 作品のテーマは、南アフリカのケープタウン、写真をみてわかるとおり、なんとケープタウンの人達は西洋のポスターを壁紙として利用している。お店や家に貼られたポスターと人々。 2002年から2004年の間に撮影された作品。 目の付け所はさすがSassenなのだが、これを生活環境に選択している現地の人々のセンスが、すごい。 僕は、床屋さんの写真が好きだ。
 昨年の永瀬沙世の写真集もそうだけど、Librarymanという出版社は、一小節内で展開されている作品の本作りが上手い。 40ページという少ないページだけど、大きさや表紙の具合がほどよくて触っていても気持ちがいい。 この作品、日本ではtwelvebooksがディストリビューションしている。 スペシャルエディションが欲しいところなのだけど、、、、、、。
by atsushisaito | 2012-05-07 10:53 | 写真集 | Comments(0)
<< Sayo Nagase 「A... 石松@中野 >>