Brad Zellar&Lester B. Morrison 「House of Coates」

c0016177_14121548.jpg

c0016177_14122358.jpg

c0016177_14123172.jpg

c0016177_14123918.jpg

c0016177_14124991.jpg

c0016177_14125540.jpg

c0016177_1413253.jpg

c0016177_1413882.jpg

c0016177_14131526.jpg

c0016177_14132294.jpg

c0016177_14132865.jpg

c0016177_14133543.jpg

c0016177_1413414.jpg

c0016177_14134833.jpg

c0016177_14135536.jpg

c0016177_1414282.jpg

 Alec Sothのレーベル Little Brown Mashroomからの新作。 文章がBrad Zellarで、写真がLester B. Morrison。 このLester B. Morrison、Alec SothのBroken Manualでは共著で文章やイラストを担当したことになっていたが、今作では写真。 実はLester B. MorrisonというのはAlec Sothが作った架空の人物だったのだ。 つまり今作では写真はAlec Soth、すなわちAlec Sothの新作の写真集ということになる。 Lester B. Morrisonの頭文字をとって並べると、LBM。 Little Brown Mashroomの頭文字もLBM。 実はこのことを知らなかったのは僕だけみたいで、今作「House of Coates」はわずか2週間で完売し、さっそく2nd printも発表された。 
 作品をみてみると、Broken Manualの続編的な作品。 背表紙にはHARPAZOという文字。 これはこの作品の主人公Lester B. Morrisonが体験する宗教的な儀式のこと。 サイズは 6.75x8.75インチ、Broken Manualより一回り小さい。 リング製本だけど、背表紙があって、表紙にリングが露出する凝った装丁。 写真のプリントは綺麗とはいえない。 ただ、このあたりは厭世的な暮らしをするLester B. Morrisonという人物のための演出だと思う。 ところどころ文章にリンクした写真もある。 
 Broken Manualが世界から隠れてくらす人を外堀から撮影しているものだとしたら、House of Coatesは内堀から厭世者の目線で世界を捉えているように感じる。 達観しながらも、どこか寂しげな感情も併せ持つ複雑な視線。 2012年のBest photo book入りは確実な傑作。

 ところでBroken Manualというと、いまだ正式には発売されていない。不思議な話だ。 2010年のParis photoなのでAdvanced editionとして販売されたり、プリント付きの凝った装丁のSpecial edition 300部が発売されているが、一般に買える普及版はいまだ未発売。 出版社のSteidlに問い合わせた人によると、発売は予定しているけど、いつかは決まっていない、という始末。 2010年で賞を受賞したこの作品、なぜいまだ発売されないのか、謎だ。 Facebookの写真集のコミュニティーではいろんな憶測が飛び交っているし、やきもきしている人が大勢いる。 なんだか、このまま発売されないように思うんだけど、、、
 
 
by atsushisaito | 2012-04-15 14:45 | 写真集 | Comments(0)
<< かるかや@池袋 こんぴらや@高松 >>