花道@野方

c0016177_22184799.jpg

 三郎なるラーメン。 そう遠くはないのだけど、いつも並んでいるのであまり来れないお店なので、メニューの選択に迷ってしまった。 オーソドックスな味噌か、それとも辛いやつか、、、、しかし限定という文字に弱くて三郎を選択してしまった。 ようは二郎ライクなラーメンなのだとか。
 野菜だけ増してもらった。 二郎にしても、そういう系統のお店にしてもにんにくを入れてもらったことってほとんどないなあ。 登場した麺にはもやしがたっぷり、その上から生姜の餡がかけられている。 まずは汁を一口。 二郎っていうより意外にも普通の醬油ラーメンに近い感じで、これはこれで旨い。 もやしには火が通っている。 ?と思い店内を見まわしてみると、以前あった「いいもやしなので、生でも大丈夫です」みたいな貼り紙がなくなっている。 生姜餡の効果はいま一つ感じられなかったのだが、混ぜると確実に塩気が強くなる。 いや、その前から塩気が強い汁だったのかもしれないが、結局食後は喉がかわく。 
 醬油も美味しいなあ、とは思いつつも味噌ラーメン食べたかった。。。
by atsushisaito | 2011-09-15 22:29 | 飯@野方 | Comments(0)
<< 鬼海弘雄 「東京ポートレイト」 野口里佳 光は未来に届く >>