浅見製麺所@新井薬師前

c0016177_2264171.jpg

c0016177_227787.jpg

c0016177_2273996.jpg

c0016177_2275351.jpg

 開店当初は店頭で打った麺を売っているだけの、ただ屋号の通りのお店だったのだが、いつのまにか店内も綺麗にリフォームされて中で食べることができるお蕎麦屋さんになった。 一度、そういう形になった後、お店が半年くらい閉められた。そして、また再開していることに気づいて中に入ってみた。
 落ち着いた店内、一人で来てもゆっくり食べられるようなカウンター主体の小さいお店だ。 まずは瓶ビールに水ナス。 ビールは普通に日本のビールを飲んだのだが、それ以外にベルギービールが数銘柄揃っていた。 ナスって生で食べられるんだあ、と齧りながら次の鴨へ。 2種類のネギがのせられた鴨。 口に入れると旨みが広がる。 噛みしめる楽しみを、ゆっくり楽しみ。 少量だけど、安い値段。 
 続いてかき揚げ。 普通の天ぷら屋さんででるような、言ってみれば失礼だけどもちゃんとしたかき揚げ。 そして牛スジの煮込みでビールを飲み干し、最後に蕎麦を食べようかなあ、というタイミングで注文がたてこんでしまったので、お会計。 ここで蕎麦を頼んでしまうと、蕎麦が出るのも遅くなってしまって、間延びした時間に少なからずいらいらすることになる。 いいタイミングを掴めなかった僕のミスだ。 
 残念だけど蕎麦は次の機会に。 でも美味しいつまみの余韻は楽しめた帰りであったので、結果よし。
 
by atsushisaito | 2011-09-09 22:25 | 飯@中野 | Comments(0)
<< 石川直樹「8848」 三番@新中野 >>