こだいこ@熊本

c0016177_19153415.jpg


 熊本の中心部は想像以上に狭かった。 ぎゅっと詰まっているからその周りを走る路面電車の数駅は、簡単に徒歩で歩けてしまう。 この店も、老舗で有名なのだとか。 席数が少ないので、空いているときを見計らって入店。
 ふつうのラーメンを注文。 替え玉はできないがこの大きさでいいですか?と丁寧に聞かれるが、そもそも普通の大きさもわからないので、それでお願いした。 登場したラーメンは、博多風な感じ(九州の人には、この表現に違和感を十二分に感じるかもしれないが、我々から見ると、そう見える)。  汁を飲むと、こってり濃厚な豚骨。 この濃厚、という表現もまた難しく、例えば東京の今の「濃厚」っていうのはもはやポタージュのようなどろどろであって、濃厚という同じ表現ではあるけど、しかし同じではない。 やはり、ここでも同じ博多風の豚骨こってり、という例えがしっくりくる。
 ここでもステレオタイプに思い描いていたマー油はなくて、細麺(HPには中太って書かれていたけど、絶対細麺)に豚骨スープ。 熊本っぽくないなあ、と思っていたら卓上に焼にんにくなるものを発見。 それをいれてみると、ニンニクの風味がぱっと増して、少し個性が増した。
 
 普通に美味しいけど、替え玉がないのはもったいないかなあ。 大盛りに耐えられる麺の太さじゃないでしょ。
 
by atsushisaito | 2011-06-02 23:15 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< ぼにしも@練馬 天外天@熊本 >>