天鳳@六本木

c0016177_1952211.jpg

 ミッドタウンに用事があったので、ついでに天鳳の前を通ってみると営業中のドラム缶が出てる! 席について壁のメニューを見る。 見る、とはいっても店に入る前から気持ちは「一三五」だった。 なんでも麺固めの油多め、味濃いめ、ということらしい。 壁にもラーメンや塩ラーメンの並びに「一三五」の文字が。 でもなんだかそれを口にするのが恥ずかしかった。 二郎で呪文を唱えることに抵抗を覚えるようの羞恥心が僕を襲ったので、弱弱しい声で塩ラーメンを注文してしまった。 、、、、この失態は2度目だ。以前も注文できなかった覚えがある。 混みあわない時間に入らないからこういうことになるんだよなあ。 混んでたら僕も「一三五」で!と気軽に注文できる、、、はず。
 で、その塩ラーメンだけど、旨かった。 でもけっこう後から来た客が注文した味噌ラーメンの方と同時に出されたので悲しくなった。 まるで大事にされていない子供のようだ!という気分。
by atsushisaito | 2010-10-03 19:15 | 飯@港区 | Comments(0)
<< ゆで太郎@半蔵門 滝口浩史 『つづれおり - 遺 -』 >>