元祖 焼麺ちゃんぽん太郎@高田馬場

c0016177_22244615.jpg

 高田馬場のお店。 一風堂がてがけてるちゃんぽん専門店なのだとか。 僕にはどうでもいいことなのだが、お店が綺麗で清潔であったり、店員が丁寧だったりするところは、さすが一風堂がてがけるだけある。 僕は店が少々汚くても、店員が無愛想で怖かったりしても、美味しいものが食べられればそれでいいのだが、人を連れていくにはこういう形態が無難だったりもする。
 焼麺を使用したあんかけちゃんぽんが売りみたいだが、初めてなので普通のちゃんぽんを注文。僕以外の注文は大方すでに出ていてたみたいで、すぐに登場。 まずは、スープを一口。  むむむ、、、、汁がこってりしすぎる。まるでラーメンみたいだ。 本場のちゃんぽんって実際食べたことないので、とやかくなんて全く言えない立場なのだけど、あまりにも汁がこってりしすぎて、最後に汁と具を合わせて煮る作業が意味がなくなっているような、、、、、。 具材の味わいが溶け込んでこそのちゃんぽんだと思うのだが、この汁は具と合わせる前から完成してしまっている。 それが不味いということの繋がるわけではないが、面白みには欠けるところ。 これならラーメン屋でラーメンを食べればいいわけだし。

 
by atsushisaito | 2010-05-28 22:39 | 飯@高田馬場 | Comments(0)
<< もめん屋@高田馬場 古屋誠一 「メモワール. 」 >>