赤ちょうちん@新宿御苑前

c0016177_2185033.jpg

c0016177_2173821.jpg

 牛のモツ屋として超有名店の赤ちょうちん。 予約をしないとなかなか入れないのだとか(その予約もすんなりいかないらしい)。 そんな中、開店直後のお店に予約なしでふらっと訪れたら、19時くらいまでなら大丈夫、と入れてもらえた。 
 店内のメニューを見回すと、ホルモンのお店とからすると少し高い。 ただその分、量もそれなりにあって、僕の胃袋加減を考えると注文が限定されてしまう。 まずは刺し。 刺し盛り小で1500円。 レバ、ハツ、チレ、ガツ、センマイ、ミノにハラミ?かなあ。すでにタレがかけられていて、それで味わう。最高か、というとそうでもないような気もするが、十分にレベルは高い。これをビールを飲みながら食べ次の一手を考えるのだが、おそらくそれが最後の注文になってしまうだろうと思い、悩んだ。 焼きのミックスというのがあったのだが、小盛りで3000円は出せないし、たぶん食べきれない。 ここは一点突破と、シビレ焼きを注文。 タレシオ?と味付けを聞かれたのだが、これまた悩む。 お薦めってありますか?と聞くと、それはお好みだから、とやさしく返されてしまった。 長考するのも野暮だと思い、様々な逡巡を短時間のうちに繰り返した後、タレで、と注文。 ビールもお替り。
 そして登場。シビレ焼き。 たしかにこの量だと1000円は高くない。 そして美味い。 美味いのだが、さすがに一人で食べるものじゃない。いくら美味くても、さすがに飽きてくる。  何人かで行って、いろいろシェアするのが正しいです、、、、。

 ほどほどにお腹も一杯になったので、お会計をしてもらった。 財布を取り出し金を払おうとすると、来る前に下ろした金が入ってない。慌ててポケットなども調べたが、なし。 紙幣0の小銭しか持っていなかった。レシート類を調べると、確かにおろした記録があった。 取り忘れたみたい。 幸いにも近くにコンビニがあって、そこでおろして払ったのだが、お店に迷惑かけてしまった。  だからというわけじゃないけど、お店に入ったときから店主はとても丁寧な接客だった。 
by atsushisaito | 2010-04-27 21:30 | 飯@新宿区 | Comments(0)
<< さぶちゃん@神保町 八重山そば ゆいまーる@落合 >>