一心@仙台

c0016177_19283868.jpg

c0016177_19284721.jpg

c0016177_19285556.jpg

c0016177_1929567.jpg

c0016177_19291425.jpg

 宮城県は仙台へ。 仙台駅から地下鉄で勾当台公園駅に移動して、目的の店へ。 一心。 かなり有名な居酒屋なのだとか。 お値段もそれなりに。 
 中に入ると落ち着いたお店で、汚いなりの僕はちょっと浮いてしまって困った。 日本酒が豊富なのだが、こういうのはお店の人に聞くのが一番だ、と思いお勧めのまま宮城県のお酒「萩の鶴」を燗でいただいた。 その際、お通しは刺身の3点盛りです、と言われたのだが、よく自体が飲み込めず「それでお願いします」なんて間の抜けた返事をしてしまった。お願いするもなにもそれが出てくるのだ。
 お通しの刺身は立派なお姿で登場する。 全然、お通しの感はない。 そして値段もおそらくこれだけで2500円から3000円くらいだと思う。 だけど、中途半端なもので中途半端なお金を払うよりは、気合いの入った料理で迎えてくれるほうが結果的にはいいと思う。 刺身も旨かった。
 そして、まず一品目が「ばくらい」。 ほやとこのわたを冷凍したもので、いわゆる珍味。酒がすすむ。 魚だけじゃなく、伊達鶏の串焼きもいい。 あまり予算が潤沢ではないので次の注文にかなり頭を悩ませたが、無難に貝刺し う~ん、これで1000円か。 ここでお酒をお替りして、鱈の白子揚げ。 旨みたっぷりで、とろ~っとした食感。 たぶん、その旨さで口元が緩んでたと思う。
 もっと食べたいなあ、と思いつつも財布と胃袋の具合で、お会計。 次回も是非、寄りたい。

c0016177_19292340.jpg

 雪にはストロボが流行り、、、、違うか。
by atsushisaito | 2010-03-12 19:42 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 北辰鮨@仙台駅 石松@中野 >>