石松@中野

c0016177_063997.jpg

c0016177_065451.jpg

c0016177_07583.jpg

c0016177_072052.jpg

c0016177_073066.jpg

c0016177_074012.jpg

c0016177_074966.jpg

 ひさびさに石松。 なんかボトルが2本あったみたいで、それらを一本にまとめてくれたらしい。満タンすぎるボトルをだしてきてくれた。 このままカウンターに置かれている生茶で割ってしまうと、まったく店の利益にならないのでまずはホッピー。 レバ刺しをやめてしまったと聞いてから初の訪問だったので、まずはレバ焼き。 たっぷり堪能したかったので2本を塩で。 前回、一緒に桃園牧場で飲んでいたときに、すごいレアで出してあげる、って言ってたのを覚えていてくれたのか、なにも言わないでもきっちりとレア。 でも、以前からレバはレア焼きだったような、、、。 味、塩加減、文句なしに旨い。 この塩控え目なところが好み。 
 続いてシビレだっけ、、、、忘れた。 他のお客さんに便乗させてもらった。 そして牛ミノ。牛が続く、、、、。 なんで?っていうくらい牛ミノがおいしい。 焼き肉屋さんも、もっとシンプルにミノの美味しさを生かせばいいのに。 って、やはりこれは串焼きだからこそできる食べ方なのかなあ。 あとは、、、タン(たぶん、、)につくね。 
 これでお会計が1400円、、、、、。 すごいなあ。いろんな意味で。
by atsushisaito | 2010-02-26 00:31 | 飯@中野 | Comments(0)
<< 荒木経惟・舟越桂 「至上ノ愛像」 今井智己写真展「光と重力」 >>