泰陽飯店@中野

c0016177_18311768.jpg

 何年か前に一度行ったきりのお店。タイヨウハンテンって読むんだ。 ずっとシンヨウだと思ってた。よく見ると漢字が違うのね。 
 ランチメニューがたくさんありすぎて選ぶのが面倒なので、本日のサービスランチを注文。玉子と芝エビのチリソース炒め。 ご飯はおかわり一杯無料。 といっても器が小さいのでおかわりしてちょうどいい感じだと思う。 海老も大きく歯応えもいい、玉子もたっぷりと使われなおかつふわふわ。 チリソースがご飯に合う。 最初はおかわりしないでおこうと思ったのだけど、まだまだおかずがたっぷりだったので、お替りをお願いした。
 ランチにはスープ、ザーサイそして杏仁豆腐がついてくる。 王将に並ぶよりこっちの方が絶対いいと思うんだけど、、、。
 
 王将が出てしまったので、もう少し。 初めに書いておくが僕は王将のアンチではない。 その証拠にぎょうざ倶楽部のカードを持っている。 ぎょうざ倶楽部とは王将で会員募集期間中にだいたい10000円ぶんくらい(500円のスタンプ20個)の食事をすれば貰えるカードだ。 残念ながら来年度のものは持ってないが、まだ今年度有効なカードを僕は持っている。 
 その僕がいうのだから、確かだ。 中野で王将に並ぶなんてアホなことはしない方がいい。 その時間を有効に使わないともったいない。 人生を振り返った時に、あのとき、あの程度の飯のために費やした時間を後悔する瞬間が訪れない、とは誰にもいえないのだ。 王将近辺には良質なランチを提供してくれる中華料理屋がたくさんある。 なぜ、それほど盲目的に王将に並ぶことができるのか信じられない。  
 王将での食事にどんなメリットがあるのだろう。 僕は常に天津飯。500円程度の値段を考えると十分においしい。これには異論を唱える人は少ないはずだ。 だけど、どうだろう。王将の中をぐるりと見渡してみると、だれもそういった単品を食べてる人はいない。 いや、いても少数だ。 炒飯に餃子、ラーメンに餃子。 たいていの人は餃子をあわせて注文している。そうすると700円くらいの値段になってしまう。 特別リーズナブルではないのだ。 B級に求められる要素としての「安い」がここで欠落している。 この時点で、周囲の中華料理屋にチェーンとして対抗できるアドバンテージを失っているのだ。 また、餃子の王将の売りとして、各店独自で定食メニューを組んでいるのだが、これが高い。800円前後。 かつ定食としてついてくる唐揚げやコロッケが旨くないのだ。 余計な脂を体に吸収し、なおかつ高価格な値段。 
 このまま論を展開していくと、いくらでも時間が過ぎてしまって、そのことを後に僕自身が後悔してしまうので、始めたばっかりで恐縮だが総括させていただこう。 中野で王将が満席なら他の店に行け。 王将の餃子なんか旨くないから。 そんなに食べたかったらスーパーの冷食半額の日に餃子買いだめしとけ。 また、利用方法として最適なのは天津飯、単品食って帰る、餃子とライス大食べて帰る、この二つの選択肢がベストだ(僕にとって)。 王将の定食は、はっきりいって割高で損だ。 以上。
by atsushisaito | 2009-12-13 18:56 | 飯@中野 | Comments(0)
<< 綾瀬飯店@綾瀬 植本一子 Exhibition... >>