駅前食堂@新井薬師前

c0016177_10414624.jpg

 久しぶりに行くとメニューがリニューアルされていた。 汁なし黒ゴマ坦々麺などがなくなっていて、新しく焼きカレー丼っていうのが加わった。 まず具を選ぶ。 唐揚げが好きだったので焼きカレー丼の唐揚げを注文。「ドライカレーみたいなかんじになりますよ」とのこと。 ん~想像つかない。 
 登場したのはビビンパに使われるような器。お皿に載せられて提供される。 うっかり器を持とうとしたら「熱いですよ」と言われた。 器をカンカンに熱しているみたい。 さて、写真は目玉焼きだけで、なにがなにやらわからない感じだが、この目玉焼きの下に、唐揚げ、その下にモヤシ、そしてキムチ、でご飯という構成。 ご飯の中央部にカレーが仕込まれているみたい。 多分、食べ方としては、ぐちゃぐちゃに混ぜるのが正解なのだろう。 だけど、ちょっと小さめな器でいきなり混ぜ合わせるのは困難。 なので、唐揚げを片づけた。 ここの唐揚げが美味しい。 だけど、これではあまり丼としては意味がないようで残念だ。 あらかた食べ終えて器内部に余裕ができたところでかき混ぜると、表からは見えなかったカレー色が登場してきた。 カレーとキムチ、意外と合うのが面白い。 ドライカレーな感はなかったが、変なカレー味のビビンパとしておいしく味わえた。 まさにB級。
by atsushisaito | 2009-11-25 10:50 | 飯@新井薬師 | Comments(0)
<< 片山博文、良知暁展 みそや林檎堂@東中野 >>