桃園牧場@中野

c0016177_18563037.jpg

c0016177_18564090.jpg

c0016177_18565131.jpg

c0016177_1857237.jpg

c0016177_18571158.jpg

 読みがモモゾノなんだ、、、。 三国志好きとしてはもうトウエンとしか読めないのだが。 それはおいといて、その南口のモツ焼きやさんへ再訪。 写真は上からレバレア焼き(名称失念)。軽く炙っているのだけど、生でも行けるのでは、というくらいの歯応え。 いや、これは逆に火をいれてるからこその旨さなのかな。とにかくいい。 後でもう一本食べた。 写真はないのだけどこの次はアミハツ。 ハツ(心臓)に網脂をまいたもの(で、いいのかな。わからない)。 比較的ハツって淡泊な味わいなのだが、旨みが増して旨い。 次(2枚目の写真)はコラーゲンカシラとアブラ。 カシラが普通のものと違って、脂。 しっかりとした歯応えと濃厚な旨み。 他では味わえないと思う。 次はタン。そしてその下がタン下。 タンとタン下がメニューにあったので食べ比べ。 タン下はちょっとぼそぼそしてたかなあ。 タンは旨し。 最後の写真はシロとテッポウ。 、、、シロとチレを頼んだような、、、まあ別にいいんだけど、これもよかった。
 味付けはなにも言わなくても、その串に合ったものを選んでくれる。僕はこれが楽で好き。タレはけっこうニンニクが強い。 南口にはあまり行くことが少ないのだが、やきやなどの名店が北口に負けじとちょこちょこあるんだよなあ。 全然知らないので、これからうろつこう。
by atsushisaito | 2009-11-22 19:10 | 飯@中野 | Comments(0)
<< ど・みそ@京橋 むろや@新宿御苑前 >>