末廣ラーメン本舗@高田馬場

c0016177_7552561.jpg

c0016177_7553661.jpg

 FC展開をしようとしてることがHPからは窺えるのだけど、新福菜館(京都の有名なラーメン屋)とのつながりがいまいちわからない。 ところどころに新福菜館の文字は登場するのだけど、「修行した」みたいなことがきちんと明記されてないので、もしかしたら、単純にこの味をコピーしてるんですっていうくらいの比喩としての「新福菜館」なのかもしれない。
 まあ、そんなことはどうでもよくて、味が旨ければ文句はないわけです。 ラーメンと半チャーハンのセットの食券を購入。 このセット、ラーメンと半チャーハンそれぞれ別に購入しても値段は変わらないので、ボタンを2回を押さなければいけないところ、一度で済む、というメリットしかない、、、。 
 まずはラーメン。汁を啜ると、しょっぱい。 だけど、なんだか懐かしいような気もする。 正直、新福菜館のラーメンを食べた記憶ははっきりとはない。 もしかしたら、本当にもしかしたらだけど食べたことがないのかもしれない。 それくらい記憶が希薄なのだが、実は関西ではこの味の組み立ては、けっこうあちらこちらで食べられる(たしか、、)。 この豚臭くて甘味が強い汁。 もう十年くらい食べてないけど郊外に展開するチェーンの「横綱ラーメン」なんか、これに近いんじゃなったかなあ。 ネギのせ放題ってところなんかも(大学のころバイト終了後によく食べに行った。枚方店。)。  
 もう大阪を離れて10年以上もの時間が経つので、そんな薄い記憶と照合したところで、なんの意味もないのだが、とにかくしょっぱい。 味が濃いっていう表現とはまた違う塩気の強さ。 そしてチャーハン。 色が黒い。 だけど、この黒さはフェイクで実はあっさり美味い!っていう展開が理想なんだろうけど、色のごとく醤油がとにかく強くてしょっぱい。 舌ってけっこう鈍感で、それなりに無理してでも食べ進めていると、平均値がそれに合わせて変化するので、少々の濃さ薄さには対応できるのだけど、やっぱりこのチャーハンには体が拒否反応を示してしまい、結局残してしまった。 汁もそれなりに頑張って飲んでみたけど、途中で飲むのをやめた。 これだけ塩気が強いと、いくら大量にネギで中和しようとしても、なんらの免罪符にもならない。
 好きな人には好きなんだろうな。よくわからないけど。
by atsushisaito | 2009-08-09 08:22 | 飯@高田馬場 | Comments(0)
<< サンマ 福しん@新井薬師 >>